Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - Book

ジョナサン・ケラーマン

2007/ 01/ 20
                 
ジョナサン・ケラーマン(1949年8月9日~)
アメリカの臨床心理学者であり、多作家として知られる。
心理学(特に精神病理学)に関する著書として
Savage Spawn: Reflections on Violent Children があり、
多くの推理小説以外にも記事やエッセイや子供向けの本などを書いている。
彼の推理小説は小児臨床心理医アレックス・デラウェアを主人公としたものが多い。

ケラーマンはニューヨークで誕生し、ロサンゼルスで成長した。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業後、
南カリフォルニア大学で心理学の博士号を取得。
現在は、南カリフォルニア大学医学部小児科の臨床の教授。

インターン時代と博士号取得後の時期に彼は小児病院で働き、血液・腫瘍内科の心理社会的プログラムを指導した。

ケラーマンは妻のフェイ・ケラーマン(自身有名な推理作家)とロサンゼルスに暮らしている。
4人の子供を持ち、長女のジェシー・ケラーマン(1978年生)も小説家であり劇作家である。


『フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


【アレックス・デラウェア】シリーズ

陽光あふれる、〈地上の楽園〉南カリフォルニア、ロスアンジェルス。
しかし、繁栄を謳歌するその社会の裏側は頽廃に満ち満ちている―。
小児専門の精神医という激務からリタイアした33歳のアレックス・デラウェアと
親友の刑事マイロ(オープンで明るく男らしいゲイ♪)と事件を解明していくミステリー。
元?精神科医と殺人科の刑事とのコンビでわかるように
精神異常者を犯人や背景に絡めた事件を追うのだけど
普段の会話の一つ一つも興味深く、おもしろい・・
事件そのものは、子供が絡まる事件(幼児虐待や子供のトラウマといった社会問題)など
著者自身の(精神科医)目で描いたシリーズ作品。
アメリカの社会問題をバッサリ・・といった感じだけど
今では全世界共通の問題になっているのだとひしひしと感じますね・・
内容は重いのだけど、主人公とその脇役陣のキャラクターが良く、
専門的でありながら読みやすい本です。

89年度アメリカ探偵小説クラブ最優秀処女長編賞を受賞したデビュー作
『大きな枝が折れる時』からのシリーズ作。



1. 『大きな枝が折れる時』 (When the Bough Breaks) - 1985年

2. 『歪んだ果実』 (Blood Test) - 1986年

3. 『グラス・キャニオン』 (Over the Edge) - 1987年


4. 『サイレント・パートナー』 (Silent Partner) - 1989年


5. 『少女ホリーの埋れた怒り』(Time Bomb) - 1990年


6. 『プライヴェート・アイ』 (Private Eyes) - 1992年


7. 『デヴィルズ・ワルツ』 (Devil's Waltz) - 1993年


8. 『わるい愛』 (Bad Love) - 1994年


9. 『トラウマ』 (Self-Defense) - 1995年



10. 『パラダイスの針』 (The Web) - 1996年



11. 『クリニック』 (The Clinic) - 1997年



12. 『モンスター –臨床心理医アレックス』 (Monster) - 1999年



13. 『マーダー・プラン –臨床心理医アレックス』 (Dr. Death) - 2000年




なんせB型なもんでシリーズモノは順番に読まないと気がすまない!
で、既刊本は、中古が鉄則の私。
古い本は、手に入れるのがなかなか苦労しちゃって・・
順不同となる時が多くて・・
手に入っても順番どおりにしか読まないから、
手に入ってもすぐには読めないので、
つい同じ本を買ってしまう失敗がある私・・( ̄▽ ̄A フキフキ…
同じ本を買わないように・・のメモです(笑)

チェックは、購入済みです~

            

PS。やった♪全部揃ったぞぉ~~ヽ(╹◡╹)ノ♡

やっぱりおもしろい~~

それでもって既刊本は、古本でしかないみたいだから

揃えておいてよかったかも~( ̄▽ ̄A フキフキ…


スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

あたしは、、、本を買い込むだけ買い込んで、、、
読んでなぁ~~~~~~~~~~いっ(´・ω・`)

たくさん買ってぇ~並べて満足しちゃってますぅ~。

あたしはぁ~恋愛物ばっか読んでますですぅ~。
本は、色んな疑似体験できるからね~
アタシはミステリー&サスペンスが好きなのよね~
小さな古本屋くらいあるよ・・(^^; ....
もう本棚なんて役に立ちません~
SMAの今の読んでいる本は
バイアグラ研究開発の内幕を書いた本(w
カール ジェラッシの本ね。
「男達の薬」っていうの

>精神異常者を犯人や背景に絡めた事件を追う

私もこーゆー内容好きだな
Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
SMAちゃん・・かなりマニアック?な本を読んでるのね~( ̄ー ̄)ゞ
確かに・・「男達の薬」じゃ・・e-263

臨床心理のこの本は、日々の会話すべてに意味を多く掴めて・・勉強にもなります・・(爆)

ありがとう
ほんとに久しぶりにblog
覗きにこれました。忙しいのと寒いのとで
長い事休んでるけど、元気に頑張ってます。
気にかけてくれてありがとう。
うれしかったです。
↑↑( ゚д゚)ハッ!↑
あっ! 真弓たんだ~
お元気そうでなにより♬
やっぱり 真弓たんは元気で頑張ってると思った♬
って、七ちゃんのとこなのにワタシが横入りでコメントしちゃいかんわね・・・
ごめんちゃいm(。・ε・。)m
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。