Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - memory log

らぴの事故紹介 №2

2001/ 10/ 31
                 
at 2001 10/31 12:59 編集

車の行き先は、向かいの一人暮しのご年配の夫人のお家。

ブロック塀。

道路は、ガレージと段差ありで幅は車一台分と少し。

(何メートルかはわかんないよ~)

トロトロ進む車。

脳裏に浮かぶ修理中のマイカー!(これは代車)

これ以上壊してはいけない!

(そんなに壊しているのか・・!・・壊してる;^_^A)

お向かいのご夫人に迷惑を掛けてはいけない!

でもー!キーを差し込み、ブレーキを踏む暇なし!と判断した私。

車の前に回り込んだ。

間にあったぁ!(よし!これで両手で押さえたらOKさ♪)

車が迫ってきた・・


ドォオン!
ん・んん・・あれ?こんなに衝撃あるのか・・?

知らなかった・・

重いんだぁ・・

痛いんだ・・

(なぜだ・・?)

(ダ~リン談:当り前や!1トン以上はあるわ!)

後悔‥!

してる場合じゃない・・ので、

これからのことを考えることにした。

(いつでも前向きな私なのだ。)

身体は・・と・・動かない。

しばらく待つ。

きっと、衝撃のショックで動けないんだ。

待ったら、動くっしょ・・

ほら、少し動いた‥!

でも、車に押されて、これ以上は動けない。

う~ん・・どうしよう?

このままじゃ、邪魔よね?

(道路をしっかり塞いでる・・車)

子パンダ(次男)は家にいるはずだけど・・

ここから声掛けても気がつかんやろ~な?

ダ~リン、もうすぐ帰るって言ってたから待とうかな~?

でも、他の車がきたら困るよね~

駄目モトで「子パンダ~!」と声を数回掛けてみた。


ガチャ!玄関が開いた。



続く
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。